ホーム  >  へ

 【 不動産用語集 】

<<用語集一覧に戻る

「へ」

用 語解 説
壁芯(へきしん)壁の中心線を結んで測った寸法のこと。内法(うちのり)に比べ、壁の厚みの分だけ、面積は大きくなる。分譲マンションのパンフレットに書かれた専有面積は壁芯計算によるものが多く、実際に使用可能な面積はそれより少し狭い。登記簿面積は内法。
ベランダ住戸の外壁から外にせり出して作った露台のこと。バルコニーとの厳密な差異はないが、一般的にベランダは1階に作られ、屋根があることが多い。また、公社・公団の住宅では「ベランダ」を比較的よく使う。
変動金利民間金融機関で主に扱われる住宅ローンで、金融情勢の変化によって、返済途中で金利が変わるもの。金利の見直しは年に2回行われるが、返済額は5年間変わらず、この間、返済額に占める元金と利息の割合が変わる。
ペントハウス欧米のマンションやアパートで、最上階に作られる特別仕様の高級な住戸のこと。

ページトップへ